MENU

【失敗しない】海外インターンシップの選び方【注意点やコツも解説】

海外インターンシップに興味があるけど、インターンシップ先の選び方を失敗したって話をよく聞くので、どう選べばいいかわからない。

本記事は、上記のように海外インターンシップに興味があるけど、失敗談などがたくさんあるので、慎重にインターンシップ先を選びたい方に向けたものになっています。

本記事の内容

・海外インターンシップの選び方

・海外インターンシップにおける注意点

・海外インターンシップにおけるコツ

インターンというだけで少し身構えるのに、海外だと余計不安になりますよね。

本記事を読んで、そういった不安を少しでも解消して、自分に合ったインターンシップ先を選んでいきましょう!海外インターンシップ経験のある筆者がしっかり解説していきます!

目次

海外インターンシップの選び方


海外インターンシップの選び方を紹介していきます。

ずばり、選ぶ際におけるポイントは以下の3つです。

・できること

・職場の環境面

・生活環境

それぞれ解説していきます。

できること


海外インターンシップの選び方1つ目のポイントは、インターンシップ先で何ができるかを把握しておくことです。

業界を選定しておくのはもちろんのことですが、同じ業界だからといって、自分のやりたいことをやらせてもらえるとは限りません。


当然のことですが、それぞれの企業には各部署があります。

自分のやりたいことと違う部署でのインターンシップになってしまったら、効果が薄いインターンシップになってしまいます。

業界だけを見てインターンシップ先を選んだ方は、こういったギャップが原因で失敗しがちです。

インターンシップ担当の方としっかりコミュニケーションを取って、具体的にどんなことを担当させてもらうか把握しておきましょう。

職場の環境面


海外インターンシップの選び方2つ目のポイントは、職場の環境面を知っておくことです。

ここでいう職場の環境面は、以下のことです。

・英語を話せる環境

・裁量具合

それぞれ簡単に紹介します。

英語を話せる環境


海外インターンシップをする方は、将来海外で働きたいと考えている方が多いです。

そのための経験として、海外インターンシップをするのに、英語を話す機会がなかったら、意味がありません。

海外インターンシップなのに、英語を話さない環境なんてあるの?

結構な割合でそういった環境はあります。具体例を見ていきましょう。


海外インターンシップで英語を使わないパターンは大きく分けて2つあります。

・同僚、上司が日本人

・顧客が日本人


1番最悪なパターンは、この2つの条件が組み合わさったときです。

インターンシップ担当の方に聞かないと、職場の日本人比率などは教えてくれないことが多いです。

英語を話しながら仕事ができると思っていた方が、こういったことが原因で、海外インターンシップを失敗してしまうのです。

裁量具合


海外インターンシップのように行動していく方の多くは、上昇志向が高いです。

そういった方にとっては、どれくらい裁量権があるか、自由にできるかが重要になってきます。


もちろんその人の実力次第になってくることもありますが、最初から学生には雑務しかやらせるつもりがないインターンシップ先も結構あります。

これだと、ただマニュアル通りに仕事をこなすだけなので、そこまで成長することができません。


このように満足度が低くなる可能性があるので、気をつけましょう。

過去のインターンシップ生がやってきたことをチェックして、自分が担当しそうな業務が雑務かどうかをイメージしておきましょう。

生活環境


海外インターンシップの選び方3つ目のポイントは、インターンシップ先の生活環境をイメージしておくことです。

生活環境が自分に合わないと、インターンシップ以前に体調を崩してしまいかねません。


ですので、生活環境を事前にリサーチしておくことも大事です。

具体的には、以下のような点をチェックしておきましょう。

・気候

・食事

・文化

最低限、この3つは確認しておきましょう。

1つでも自分に合わないと、ストレスになり、体調を崩してしまいます。

自分に合わなそうな環境(国)のインターンシップは、避けましょう。

海外インターンシップの選び方:注意点


海外インターンシップに挑戦する際に必ず面接をします。

そして、ほとんどの確率で英語のレベルを問われます。

英語ができない場合は、優秀なスキルを持っていても、コミュニケーションができないと判断され、落ちることがあります。

国内インターンシップだと、スキルがあるだけで十分かもしれませんが、海外インターンシップとなると、英語を話せるのは前提条件です。

英語に自信がない方は、『【簡単】英語初心者が英語を半年で話すことができる勉強方法』を参考に、勉強しておくことがおすすめです。

海外インターンシップにおけるコツ


上記で解説してきた通りにインターンシップ先を選んでも、必然的にギャップは生まれてしまいます。

というのも、インターンシップ先が100%自分の思い描いている通りなんて、超能力者でない限り不可能だからです。

え?じゃあ結局ギャップが生まれて失敗してしまうの?

ギャップの大きさによって変わってくるので、ギャップ=失敗とは一概にいえません。

ギャップが小さかった場合は、イメージに近かったということなので、むしろ成功といえるでしょう。


しかし、まれにどんなにリサーチしてもギャップが大きくなってしまうケースがあります。

そうなってしまった際の被害を小さくするために、インターンシップ期間を最短に設定しておきましょう。

こうすることで、ギャップが大きかったら、最短で他のインターンシップに切り替えることができます。


ギャップが小さく、まだ同じインターンシップ先で働きたいと感じたら、期間を延長すればいいだけです。

実際に働いて、自分に合っているインターンシップ先かどうかを確認することが大事です。

海外インターンシップの選び方:まとめ


海外インターンシップの失敗しない選び方を紹介してきました。

せっかく海外インターンシップに挑戦しようと決意したのに、しっかりとリサーチをしないことが原因で、失敗してしまうのは非常にもったいないです。


また、自分では英語ができると思っていたのに、いざ海外インターンシップを始めてみて、思うように英語でコミュニケーションが取れず、挫折するケースもあります。

インターンシップ先を決めたら、『【簡単】英語初心者が英語を半年で話すことができる勉強方法』を参考にして勉強をしましょう!

充実した海外インターンシップにしてくださいね。

それでは、またの機会に!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる