MENU

社会人から英語を勉強するなら何から始める?最適な進め方を解説!

「昇進や転職のために英語が必要だけど、どうやって勉強すればいいのか・・・?
社会人になってからだと、なかなか勉強する時間が取れないけど、みんなはどうやって時間を作っているんだろう?社会人から英語を勉強する手順と方法が知りたいです」

このような悩みを解決します。

本記事の内容
  • 社会人から英語を勉強するには目標設定が重要
  • 社会人は目標にあった英語勉強法で学習を進めるのが効率的
  • 社会人でもすぐに実践できる英語勉強法
  • 社会人からでも英語を勉強するとどうなるのか?


現在、就職や転職、昇進に英語力は欠かせないものとなってきました。
しかし、大半の人は、英語を勉強しなければ・・・と思っていても、途中で挫折してしまいます。

挫折してしまう原因は、いろいろありますが、1つ言えるのは、間違った手順や勉強方法で、英語学習をしてしまって、効果が出ずにやめてしまう・・・このような方が多いです。


本記事では、「英語を勉強したいがなかなか継続出来ない」方や、「これから本格的に英語の勉強を始めてみよう」といった方向けに、社会人から始める英語学習の手順と方法を解説します。

目次

社会人から英語を勉強するには目標設定が重要


英語の勉強を挫折する方で、1番大きな原因になっているのが「目標設定をしていない」ことが挙げられます。

目標設定が出来ていないと、勉強方法も分かりませんし、そもそも「何のために」勉強しているのか、目的を見失ってしまいます。


本記事を読んでいる方は、社会人の方が多いでしょうから、当然目標は「ビズネスで使える英語を学ぶ」や「就職や転職を有利にするため」ですよね。

これは、半分正解で半分はずれです。ここで言う目標設定というのは、もっと身近に達成できるゴール事を言います。最終目標の、「ビジネスで使える英語」を意識しつつ、達成出来るゴールを設定しましょう。


たとえば、「簡単なビジネスメールなら、翻訳機なしで打てるようになる」というような、比較的近いゴールを設定します。

1つゴール出来たら、次のゴールを設定していく、ゴールは出来るだけ近くに設定するほうがいいでしょう。そのほうが、達成出来ることによってモチベーションが維持されます。

わたしは、かなり細かく目標を設定していました。「TOEICの点数をいつまでに何点あげる」という目標でもいいと思います。

実際にはどれくらい時間がかかるものなのか?


目標設定をすることで、自分の目指すべき場所が分かったと思いますが、「そんなこと言ったって社会人は時間がないし、どれくらいの期間勉強すればいいの・・・?」と思いますよね。

目標によって、時間は変わってくると思いますが、一般的には、「約1,100時間」かかると言われています。


一般的に、ビジネスに必要な英語レベルは、TOEIC800点以上と言われているので、仮にTOEIC400点の人が、今から勉強を始めると、ざっくり1,100時間という意味です。

もちろん、勉強する時間によっては、前後することもあり得ます。

ここで言った時間は、あくまでも目安なので、まずは1つひとつ確実にゴールを決めていくことが大切です。

社会人は目標にあった英語勉強法で学習を進めるのが効率的


英語学習をする上での目標が決まったら、必ず目標に適した勉強法で進めていきましょう。

なぜなら、自分の目指すべきでない勉強をしても、効率的ではないからです。


たとえば、TOEICが400点しかないのに、いきなり800点を目指した勉強をしても、内容を理解することはできません。TOEICが400点なら、まずは600点ぐらいを目指して勉強を進めていくほうが効率的です。

最初に書いた通り、身近なゴールを設定して、勉強を進めていきましょう。


また、目標を設定して、自分のレベルにあった勉強をすると仮定して、英語学習を進めていくうえでの注意点が4つあります。

まずは自分の英語力を知る
無理に長時間勉強する必要はない
習慣化することが1番重要
期限を設ける

それぞれ順番に解説します。

まずは自分の英語力を知る


まずは、自分の英語力がどれくらいなのかを知りましょう。大体このくらいだな・・と思っていても、上達させたいのであれば、出来るだけ数値化しましょう。

なぜなら、先ほども書いた通り、英語力によって勉強方法が異なってくるからです。

日本では、一般的にTOEICの点数が、就職や昇進の目安となっているので、TOEICの点数を知ることから始めましょう。

無理に長時間勉強する必要はない


先ほど、英語を身につけるには約1,100時間必要と見て、「じゃあいっぱい勉強しなきゃ・・・」と思うかもしれませんが、無理に長時間する必要はありません。

むしろ、長時間勉強するのが、ストレスに感じる方は、効率的ではありません。

1,100時間を達成するには、1日3時間勉強すれば、約1年間で達成できます。

この3時間を、一気に3時間するのではなく、こまめに分けて勉強しても大丈夫です。
たとえば、通勤に1時間かかる人であれば、往復で2時間勉強出来ますし、お昼に30分、帰って30分勉強すれば、3時間を確保できます。

習慣化することが1番重要


英語学習を継続させるためは、まずは習慣化させましょう。

なぜなら、英語はすぐには身につかないからです。1日3時間勉強しても、1年間かかります。特に社会人は、忙しいですよね。日によっては、1日3時間の時間すら作れない時もあります。

そのような場合でも、5分でいいので、英語を勉強するクセをつけましょう。

習慣化してしまえば、継続させることは簡単です。

期限を設ける


ここでいう期限とは、目標を達成する期限の事を言います。

期限を設けることによって、目標を達成するのに必要なことが見えてきます。

たとえば、「3か月後にTOEICのテストがあるから、いつまでにこの参考書を終わらせなければいけない。そのためには、1日何時間勉強しなければいけないのか・・・」ただ、目標設定するよりも、より明確に必要事項が見えてくるはずです。


最初に説明した、身近なゴールにあわせて期限を設けましょう

社会人でもすぐに実践できる英語勉強法


これまでで、社会人の英語学習の進め方は理解できたと思います。

ここからは、忙しい毎日でもすぐ実践できる勉強法を紹介します。

正しい発音とリスニング力強化:発音記号の学習


いまさら発音記号?と思うかもしれませんが、発音記号を勉強することは非常に大事です。

なぜなら、発音記号を学ぶことによって、正しい発音が身につくだけではなく、リスニング力も格段に上達するからです。


もう一度何のために英語を勉強するか考えてみましょう。最終目標は「ビジネスで使える英語」を身につけるためでしたね。

英語でビズネスをするならば、もちろん相手は、英語を話す人です。特に、ネイティブには、わたしたち日本人の発音は、聞き取ってもらえません。また、TOEICのスコアアップの為にも、リスニング強化は必須です。


しかし、発音記号って言葉は知っていても、勉強した方は多くないはずです。ネイティブの子供達は、わたしたちが「あいうえお」を習うように、発音記号を幼いころから勉強します。

つまり、英語の基礎の基礎ということです。発音記号がどういうものかは、動画を参照してください。

発音記号を勉強しておくことで、他の文法やリスニング、スピーキングなど英語に関するすべての事に役立ちます。

わたしは、「英語耳」という本で勉強しました。付属のCDを使うことで、発音記号毎の発音方法を学習することが出来ます。正しい発音を勉強することで、単語1つひとつを区別して聞き取れるようになりました。

参考書をつかって単語力を鍛える


単語は参考書をつかって勉強するのが1番効率的です。

なぜなら、単語は暗記が必要だからです。アプリやweb学習サービスでもいいんですが、ただ見て学習するよりも、実際に手を動かして勉強したほうが、記憶しやすいからです。

わたしが使っていたのは「DUO 3.0

created by Rinker
¥1,188 (2022/05/17 03:07:35時点 Amazon調べ-詳細)


定番の参考書ですが、これ1冊で必要な単語は、ほぼまかなえます。
復習用のCDを一緒に使うことで、さらに効率よく勉強出来ます。

かなり量がありますが、わたしは下記のように勉強していました。

  1. 例文を読む
  2. わからなかった単語を調べる
  3. CDを聞きながらもう一度例文を読む
  4. 単語のテストをする


これをパートごとに行います。最後のテストでわからなかった単語は、翌日もう一度テストします。

月曜から金曜まではパートを進め土曜日は進んだパートの復習日曜日にテストをしていました。


述語や短文で解説されているので、語彙力が格段に上がります。またCDを使うことで、リスニングも鍛えられます。

さらに参考書を詳しく知りたい方は››【効率重視】忙しい社会人に最適な英語学習の参考書8選【オンライン英会話も利用】をご覧ください。

スキマ時間を利用して文法やリスニングを鍛える


忙しい社会人の中で、英語を勉強するにはスキマ時間を利用して勉強するしかありません。
1日の中で1番スキマ時間が取れるのはどこでしょう?たぶん多くの方が、通勤時間と答えるはずです。

「でも電車の中で参考書を広げるのは・・・」という方は、スマホでも英語の勉強は出来ます


スマホで勉強するならスタディサプリENGLISHがおすすめです。

参照:スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHは、大手リクルートが運営している、英会話学習ツールです。レッスンは最短3分で、スマホ・PCどちらからでもアクセスすることが出来ます
「スキマ時間に少しだけ勉強したい」方や「家で集中して勉強したい」という方でも大丈夫です。


また、ドラマ式のレッスンで使われている映像は、「下町ロケット」を手掛けた脚本家によって作られているストーリーなので、映像としてみても面白い作りになっています。

3分間のレッスンですが、内容は本格的で、リスニングからスピーキングまで全て勉強することが出来ます。

実際に使ってみた感想:ドラマ形式のストーリが面白く丁寧に作られている印象です。問題前には、ポイントとなる部分を教えてくれるので、そこを重点的に勉強すると、日常でも役に立つと感じました。
ただし、スピーキング学習機能では、発音ミスなどを指摘してくれるのですが、機械との相性なのか、間違っているのにGoodがでたり、マイク入力がうまくいかなかったりと、すこし使いづらい部分はあったように思います。


しかし、今ならすべての機能が7日間無料で使うことが出来るので、「試してみて問題ないようだったら使う」ということも出来るので、試してみる価値はあるかと思います。
※今なら新規入会特典で7,200円キャッシュバックがあります。

››スタディサプリENGLISHはコチラ※7日間無料

コーチング型の英会話スクールで短期間で英語力アップ


短期間で英語力を上げたい方は、コーチング型の英会話スクールがおすすめです。

コーチング型の英会話スクールとは、トレーニングジムのように、専属の英会話トレーナーがついて、あなたにあったカリキュラムを構築してくれる英会話スクールです。


社会人をしながら、長期間勉強するのは、正直かなりしんどいです。それならば、プロにお願いして強制的に英語力を底上げしてもらいましょう。

オススメするのは、「RIZAP ENGLISH」です。ダイエットでおなじみのRIZAPグループが運営する英会話スクールです。

毎週2回のテスト対面レッスン週5回のオンラインレッスンとシュクダイ(宿題)が毎日と、かなりスパルタですが、実績は折り紙付きです。

30日間の全額返金保証もありますので、試してみて無理そうだったらやめることも出来ます。

>>RIZAP ENGLISH※30日間全額返金保証

自分で勉強するとサボってしまう・・・短期間でとにかくTOEICのスコアを上げたいという方におすすめです。

社会人からでも英語を勉強するとどうなるのか?


結論、収入が増えます。

一般的に、英語を使った仕事と、使わない仕事では、年収に30%の差があると言われています。(DIAMOND online調べ)

国税省によると2019年の平均年収は408万円と言われています。

単純計算で英語を使った仕事の場合は530万円になります。
このように、英語を勉強すれば、120万円近く年収を上げることが出来ます。


また、職種によって年収は大きく違ってきます。

たとえば、年収が高いと言われている「外資系企業」に転職すれば、平均800万円マネージャークラスになると、最高2,000万円になると言われています。

他にも、職種によっての年収が知りたい場合は、「【ランキング】英語を使う仕事の年収は?【結論、英語力があれば年収はハネ上がる】」で、年収順に職種と、目安になるTOEICの点数を解説しています。

まとめ:社会人からでも英語の勉強は遅くない


以上、社会人から始める英語学習の進め方と方法を解説しました。

よく「英語は大人になってから勉強しても遅い」など言われていますが、全然そんなことはありません。むしろ経済力がある大人のほうが効率的に英語を勉強出来ます


英語の勉強は、時間がかかりますし、お金もかかります。しかし、継続することで、必ず効果はでます。

まずは、「目標」と「期日」を決めて本気で頑張りましょう。

人気記事:【無料あり】初心者にもおすすめの英会話スクール4社【ニーズ別】
人気記事:【最新版】英語初心者から始めるリスニング学習の進め方と教材【上達させるポイントは3つ】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる