MENU

目のクマを手術してみた感想!痛くなかった?手術の流れを解説します!

目のクマ 手術 ブログ 施術 感想
・目の下のたるみ取りの手術どうだった?痛くなかった??

・手術の流れを教えて!

こんな悩みにお答えします。

 

 

先日、目のクマの手術を受けてきました。

 

現在はダウンタイム中で安静にしてます。

【関連】ダウンタイム中の過ごし方を解説!

 

さて今回は「目の下のたるみ取りの手術の感想」に加え、「手術の全体的な流れ」を解説していきます。

PRなしの本音レビューになります。ぜひ最後までご覧ください。

目次

目の下のたるみ取り 手術内容

 

私が受けた手術内容は以下のとおり。

手術内容

 

コンフィデンスリッチフェイス。
脂肪注入ありの手術を受けました。

 

目のクマの手術の感想:ブログ

 

早速ですが、手術を受けた感想です。

結論、普通に怖かったし痛かった。

 

あなたを驚かせるつもりはありませんが、率直な感想です。

 

手術前日の夜は余裕で眠れました。不安もなく「クマがなくなるならどんな試練も受け入れる」という意気込みでした。

が、いざ手術を開始しようと
周りがざわつき始めるんですよね。

私は完全に雰囲気に呑まれ、「早く麻酔が効いてくれ」とひたすら祈ることしかできませんでした(笑)

 

特に印象が強かったのは
麻酔が効いてない状態の注射の痛さ。

自分は注射が大の苦手ということもあって悲鳴を上げたかったですが何とかこらえました笑

 

麻酔が効き始めると割とリラックスできて
あっという間..と言いたいところでしたが
そうはいきませんでした。

どうやら私は麻酔が効きにくい?体質みたいで途中、しっかり意識ありました…😇

 

とはいえ2回目の麻酔で完全に
感覚がなくなって痛みも緩和されましたね。

手術全体を通して言いたいのは
痛みや苦しみの先には幸せが必ず待っているということ!

鏡を見て落ち込まない自分をイメージするなど
将来の自分を思い描くことで前向きに頑張れました。

 

目の下のたるみ取り 手術全体の流れ

 

目の下のたるみ取りの手術の流れは以下のとおり。

手術の流れ

  1. 当日の予約
  2. 洗顔、撮影、消毒
  3. 麻酔投入
  4. 太ももの脂肪採取
  5. 目の切開&脱脂
  6. 脂肪注入

順番に解説していきます。

 

①当日の予約

 

手術するには予約が必須です。

 

手術を考えている方は、
まずカウンセリングを受けましょう。

私は湘南美容クリニックでカウンセリングを受けてから後日、目のクマ手術の予約を取りました。

 

②洗顔、撮影、消毒

 

受付で料金を支払い案内に従って
顔の洗顔、撮影をしていきます。

 

身体全体の消毒など他にもしていくうちに30分ぐらい経過。

【関連】目のクマの手術前に絶対にやっておくべきこと5選!【後悔しないために】

 

消毒の最中に腕に注射され採血。

 

③麻酔投入

 

続いて麻酔が投入されます。

麻酔は目薬、鼻に管を通すタイプ、口から直接吸うタイプの3つでした。

 

ちなみに本格麻酔は口から直接数タイプのやつですね。

麻酔が投入されたらすぐに手術開始ではなく
5分から10分程度、様子を見ます。

 

④太ももの脂肪採取

 

麻酔で意識が遠のいている状態で
太ももの脂肪採取が行われます。

余談ですが、太もも採取では意識が完全になく、痛みも覚えていません。

手術中に見えたもの(謎)

 

⑤目の切開&脱脂

 

太ももの脂肪採取が終了すると
すぐに目の切開に移ります。

脱脂してから傷口を焼き、完全にふさぎます。

 

余談ですが、
ここ普通に意識ありました。
まぁ痛かった(笑)

 

⑥脂肪注入

 

休憩をはさみ、
再び本格麻酔を投入されます。

太ももから脂肪採取した脂肪を
頬のあたりから針で注入していく。

※以外にもこれ全然痛くなかったです

 

以上が全体的な流れになります。

 

目のクマの手術を終えて

 

無事に目のクマの手術が終了。

2日目の現状をかるーく報告します。

  • 太もも痛い
  • 目の腫れやばい
  • 内出血が案外ない
  • 目ヤニがたくさんでる

 

まだまだ腫れは収まっていません。

ダウンタイムの経過については以下の記事でまとめていますので、ぜひそちらもご覧ください。

【関連】目の下のたるみ取りのダウンタイムの経過ブログ【施術当日~1週間】

 

目のクマ手術の感想:まとめ

 

今回は目のクマを実際に手術してみた感想をまとめました。

手術の痛みは少しでもあるでしょう。
ですが、自分は乗り越えて現在結果待ちです。

 

体感としては割とうまくいったのかなぁ~と思いますので、クマにお困りのあなたもぜひ当サイト『目のクマnote』を役立ててみてください。

今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる